電子タバコVAPEの実際の利用にあたって

電子タバコVAPEは見た目はタバコですが、実際は専用のリキッドを熱して水蒸気を吸う製品です。禁煙をする人が代替えの製品として利用する場合や、ファンションの1つとして若者が利用するケースなど様々な理由で購入されます。実際のタバコのようにニコチンは含まれておりませんので、20歳以下の者が利用しても規制する法律がありません。法律上は誰でも使えることになってしましますが、これはまだ新しい製品のため法整備が追いついていないことが理由です。実情は販売店側が20歳以下の購入を禁止しているところが多く、今後は法律上も何らかの規制が行われる可能性があります。また、海外では健康被害も報告されており、未成年が無条件に利用すること好ましくないと考えられます。また実際の利用にあたって、副流煙の影響がないとはいえ、水蒸気を吐き出すなどの行為が伴いますので、電車等の公共の場で無条件に吸入を行うは避けておくのが無難です。

話題の電子タバコVAPEの製品バリエーション

電子タバコ・VAPEとは通常のタバコに似せた吸引器であり、蒸気を吸引するタイプの嗜好品です。カートリッジにふくまれえている液体を熱することで蒸気を発生させます。様々な香り付きのタイプがあり、製品バリエーションが豊富にあります。タバコの喫煙に比べ、タール、一酸化炭素などの有害物質が発生しないことから、周囲に迷惑をかけずに楽しむことができる点が支持されています。デザインが多彩でありファッション性が高いところが、従来の支持層以外の若者などにウケている理由です。可愛いもの、スタイリッシュなものなど見た目と、味の両局面から組み合わせを選ぶことができるようになっています。輸入品が多いため通販を利用することで珍しいタイプの電子タバコを見つけられる可能性もあります。ただし、ニコチン入りの製品は法律上トラブルが予想されますので、購入は避けた方が良いでしょう。

若者に人気の電子タバコ・VAPEについて

海外発の電子タバコが日本国内でも若者を中心に人気が出ています。いわゆる水タバコと言われものに近い製品です。少量のリキッドを熱して蒸気としたものを吸入します。味や匂いを同時に楽しむことができます。様々なフレーバーが用意されており、豊富な製品ライナップから選ぶことができるのも飽きない理由です。若者ウケする理由のもう一つは、見た目がスタイリッシュであり、ファッション性に富んでいるということが挙げられます。色、形、味の組みあせが様々なニーズを満たしてくれます。海外では専門誌が登場し、有名人が電子タバコを試している写真が公開されるなど、若者の興味を刺激しています。一応、無害とされているVAPEですが、海外の一部では健康被害も報告されています。また、ニコチン入りの製品もありますが、こちらについては国内持ち込みは禁止となっています。

Comments are closed